これからの副業はこれだ!

 

    身の丈にあった起業の勧め

 
はじめに ネット・ビジネスとは お勧め講座とは 副業がばれる? お問い合わせ
 
 

  はじめに


皆さんこんにちは! 
このサイトをご覧いただきありがとうございます。

<50代を迎える・迎えた皆様へ>
光陰矢の如しといいます。若いころは遠い将来だった『定年』が近い将来となり、 人生振り返って「ここまで早かったな」と感じると思います。
そして近年はまた一年の過ぎるのが特に早く感じますね。

そして、ふと頭をよぎるのが
・定年まで勤められるのか(早期退職を迫られたり、リストラに合わないか)
・定年まではどうにか安泰だが、再雇用はしてもらえるだろうか
・再雇用してもらってもかつての部下が上司のもとで勤まるのか
・再雇用がダメなら再就職先は見つかるのか
・ローンがまだ残っているな
・親の介護をするようになったら金がかかるな
・いずれ年金生活になったら食べていけるのか
と不安だらけ。

また、マスコミでも”老後破産”や”老後貧乏”だの不安をあおる言葉が耳にはいります。
不安は放っておくと膨らみます。        
だから不安材料を早く解消すべく副業を始めてもうひとつの収入を得られるよう早めに行動の移るのです。 それも生活の足しになる副収入が得られる準備をするのです。

そこでプラスαの収入を得るために身の丈に合った スモールビジネス を 起業しましょう、という提案です。
つまり給料+副収入、そして定年後は年金+副収入を目指します。
下図のイメージですね。 もう 国(年金)だけ頼りにしていてはダメなことは国の財源や人口構造からしても明白なことは皆さんご承知のことと思います。
年金の開始年齢も徐々に引き上げられるでしょう。
シニアが抱える3つの不安ランキング「お金」「健康」「孤独」だそうです。



それでは『シニアの方』を意識した”副業”ですが、まず何をするにも簡単ではないことを肝に銘じましょう。

それとここでは将来を考えての副業を目指すので、時給いくら的な雇用型のアルバイトは除外します

となると
1、○○教室を開けるほど趣味の嵩じた方     
 私の知り合いで
 ・Aさんは元公務員で趣味のヨガで教室を開いています。
  健康にいいのでシニアで女性の生徒さんが多いです。
 ・以前病院勤務だったBさんは書道教室をひらいておられます。
2、特技・技術
 英語の翻訳、植木の選定、蜂の駆除、小さな改築やリフォームの請負をするぐらいのスキルのある方はアルバイトができますね。
  以前にスズメバチの駆除をお願いしたことがありますが、その方も本業は
 サラリーマンとのことでした。

3、資産を有効活用して起業
  ソ−ラーパネルによる発電
  アパート経営
(FXや株式投資は副業のジャンルに入ってますが私はギャンブル的に感じるので勧めません)

とまぁ、ありきたりの内容になるのですが、ビジネスに生かせそうな特技のある方や資産のある方はそもそもこのサイトを見ないですね。

だとすると、これからは シニアでも出来るインターネット・ビジネスの世界が広がるのです。

残念ながら パソコンが大の苦手の人には向きません、しかし貴方はこのサイトをご覧になってる、 ということはパソコンが取り合えず使える特技があるじゃないですか。
(パソコン人口が下記のように増えています)

シニアのインターネット普及率が
50代で91%、
60代前半で80%後半で70%と上がっています。
(総務省26年度末のデータなので今ならもっと増えているでしょう)


       さあ ネット・ビジネスとはどんなものか
こちらのページ で見てみましょう。




昔の人はいいことを言いました
○○とハサミは使いよう、現代ならパソコンとハサミは使いようです。

ただ、うまい話ではありません、ビジネスとして人様からお金を頂こうとするのですから、 それなりの 覚悟勉強成果がでるまでの努力が必要だからです。

Copyright © 2018 ネットビジネス起業の勧め All rights reserved.
by